やっと定住?手帳ジプシー歴 その2

photo credit: whitefield_d via photo pin cc
 

前回「やっと定住?手帳ジプシー歴 その1」から、高校生からの手帳遍歴をご紹介しています。

社会人1年目にほぼ日デビューしたというところまできたんでした。

 

社会人1年目(途中から) ほぼ日カズンSpring

手帳を変えようと決意したのは5月。

・ウィークリーバーチカルは必須

・毎日が知らない仕事の連続で、メモページもたっぷり必要

という条件から選びました。

 

ほぼ日手帳のことは人気のある手帳としてなんとなく知っていましたが、ひねくれものの私は、超人気のものは食わず嫌いする傾向にありました。

(SPEEDは本当は寛子ちゃんが好きなのに、人気がありすぎるからと絵理子ちゃんがいいと言ってみたり、w-inds.だって内心ではセンターの慶太がかっこいいと思いつつも龍一がいいと言ったり・・・まあそれはおいておいて。)

 

使ってみると、圧倒的に気持ちがいい。

紙質、カバーのポケット、ページの構成など、こだわりがみっちり詰まっているのに、手帳本体はごくごくさらっと提供されている。

 

ほぼ日刊イトイ新聞のサイトを見てみると、作り上げるまでのものすごいこだわりと愛情がだだ漏れになっている・・・という奥ゆかしさも、惚れ込む一因になりました。

 

メモとしては文庫本サイズの「ほぼ日オリジナル」で十分だったのですが、1週間の空き時間がぱっとわかる時間軸のウィークリーバーチカルは自分にとって必須でした。

ウィークリーバーチカルは「ほぼ日オリジナル」にはついていません。

別売りのウィークリーも販売されていますが、できるだけ1冊にまとめたく、あまり小さいと細かい予定が書ききれません。

 

そこで、月間・週間・1日1ページの全部がつまった「ほぼ日カズン」を選びました。

 

使っているときの気持ちよさも、機能も、「ずっとこれを使い続けたい!」という気持ちにさせてくれるものでした。

でも、いかんせん重い。カバーをつけると約600g。

だんだん電車通勤でその重みに耐えきれなくなり・・・

 

社会人2年目 能率手帳ネクサス&ほぼ日オリジナル

能率手帳の「ネクサス バーチカル」を購入しました。

↑平日のバーチカルがゆったりしているところと・・・

↑月間スケジュールだけ薄い別冊になっていて、前カバー裏にセットでき、月間⇔週間の書き写しが気分よくできるのが魅力でした。

メモは小さくなってしまったので、「ほぼ日オリジナル」と2冊を使っていました。

 

 

社会人3年目 ほぼ日オリジナル+Google カレンダー

広告

One thought on “やっと定住?手帳ジプシー歴 その2

  1. ピンバック: 来年の手帳を決めました 〜中身編〜 « ららぼーど

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中