氣志團万博 2日目

9月16日(日)・17日(祝)に開催された氣志團万博に行ってきました。

 

氣志團結成15周年を記念して行われたフェス形式の万博。

ap bank fesやロッキン、ライジングサンなど、気になるフェスを横目に、今年の夏フェスはこれ一本に絞りました。

 

すてきな写真付きのプロのライブレポはこちら。

『氣志團万博 2012』(1日目)@千葉県・袖ヶ浦海浜公園』

『氣志團万博 2012』@千葉県・袖ヶ浦海浜公園(2日目)』 

 

直前に負傷しつつも、本当に行けてよかった・・・!

 

ジャンルの垣根を取っ払った

2日間のフェス,出演者が(以下出演順)

●1日目

DJ OZMA、グループ魂、仙台貨物、小泉今日子、湘南乃風、ももいろクローバーZ、岡村靖幸、氣志團(&近藤真彦)

●2日目

DJ OZMA、ゴールデンボンバー、ユニコーン、the GazettE、氣志團、T.M.Revolution、VAMPS、浜崎あゆみ

と、なんとも胸がざわざわする面々でした。

フェスでめったにお見かけない方々、どうなっているんだという並び。

 

私が氣志團にはまるきっかけになった、去年のデビュー10周年の対バンツアー「極東ロックンロールハイスクール」も、同様にカオスなラインナップでした。

氣志團はMCやインタビューで「誰もやりたがらない・誰もやる必要のないことをやるバンド」と本人が評していますが、それが功を奏して、どのジャンルの人と対バンをしても絵になるGIGになっていました。

これは翔やんはじめ氣志團のみんなの、「みんな知らないかもしれないけどこんな音楽もあるんだぜ?」という氣志團ファンへの投げかけ、そして「あのー氣志團ってどんなイメージでしょうか・・・実はこんなことやってるんですけど、観ていっていただけませんか?」という他アーティストファンへの腰の低〜いお誘いなのだと思います。

 

実際、氣志團は中学の頃にちょっぴり憧れただけでももクロ目当てで対バンツアーに参加した自分も、「え!こんなかっこいい曲もやるし、こんなおもしろいMCや演出があるの?!」とカルチャーショックを受け、一気に惚れ込み、半年で4本のライブ・イベントに参加したのでした。

 

この2日間で一番うれしかったのも、まさにこのこと。

氣志團万博に出ていなければこの先も見ることがなかったであろう方々のライブを観たり、CDしか聴いたことのなかった湘南乃風の迫力のものすごさと煽り上手で鼻血の出そうなかっこいいMCにすっかり一目惚れしてしまったりと、自分では飛び込まなかったと思われる新しい音楽を知ることができました。

 

自分だけではなく、グループ魂のタオルを湘南乃風でぶんぶんまわす人、the GazettEファンの乗り方に驚きつつも「やってみるか」からだんだん激しくなってくるヘッドバンキング、見よう見まねで氣志團と一緒に踊ってくれている方々など、目当ての出演者以外でも全力で楽しんでいる人たちの姿を見て、幸せな気持ちになりました。

 

特に印象に残っていることをひとつ。

フェスには大抵CD屋さんがブースを出いますが、氣志團万博でもTSUTAYAさんが特設ブースを出していました。

売り場の隣にはDJブース。

時間毎に出演アーティストの曲をMIXしてかけてくれていました。

1日目に海沿いでお昼ご飯を食べていると、陸側の遠くからモノノフ(ももクロファン)の雄叫びが・・・

同行させてもらったモノノフちゃんたちも、食べていたごはんを思わずかっこんで走り出しました。

行くとDJブースの周りに、ブースが見えないくらいの人だかり。

ももクロの曲に合わせて、ライブさながらにコールを叫び、踊り狂うモノノフたち。

あまりの様子に、モノノフではない皆さんがどよめいていました。

 

ももクロ本人がいなくてこの盛り上がり、本番はいったいどうなっちゃうんだ・・・と不安になりつつ自分もるんるんノっていると、

そこに特攻服や長ランに身を包んだKISSES(氣志團ファン)のグループがきました。

「なんだこれは(笑)」と騒ぎを見つめるKISSES。様相にややビビる、近隣のモノノフ。

すると赤い特攻服を着た翔やんコスの金髪リーゼントのお兄様が「誰かおしえてくださーい!」と叫びながら見よう見まねでコールや踊りに参加しはじめました。

お兄さんは、「わかんねー!」「なになに??!」と戸惑いながらも、近くのモノノフさんと言葉を交わしながら、どんどん輪の中央に移動していきました。

わからないところに飛び込んでいく、明るくてノリのよいこのお兄さんを、心からかっこいいと思いました。

「すごいね!」「あの人かっこいい!」と話す私たちに、KISSESのお姉さんは「あいつ、31っすよ(笑)やめてほしいっす(笑)」と言いつつも、口元が緩んでいました。

DJブースだけでもあんなにも盛り上がったことも、そこに飛び込んでいたお兄さんも、思い出すたびうれしくなる光景でした。

 

急にでっかいことを言うようですが・・・

原発反対派と容認派とか、日本人と中国人とか、気が重くなるような対立は国内でも国外でも絶えませんが、自分の身の回りにも、こういった音楽の好みのような一見どうでもよく思えるような垣根があって、それが大きくなると誰かと誰かの対立になってしまうんじゃないかと思いました。

好みがあるのは当然だし、それ自体は悪くないけれど、私はあまりに思い入れすぎると、知らず知らずのうちに親友や恋人にも同じ好みを強要してしまうことがあります。

仕事でも、家の中でも、自分のやり方が優れていると勘違いして、「こうすればいいのに」とか「こっちのほうがいいのに」なんて思ったり。

自分にできることは少ないから、まずはこういう「これがいい」という思い込みを少し低くして、周りの人が思っていることや周りの人が好きな物も覗きに行ってみることが、誰かと仲良くなれるはじめの一歩なんじゃないかと思いました。

広告

One thought on “氣志團万博 2日目

  1. ピンバック: ZEPP!STEP!SMA!に行きました « ららぼーど

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中