同じスタバに毎週末の朝通う、7つの理由

photo credit: Thomas Hawk via photopin cc

 

私の初めてのSTARBUCKS COFFEE体験は、中学生の頃。

当時の実家の近くにはヨーカドーかジャスコかマックしかなく、おばあちゃんちに遊びに行くときに、知らない都会のものを探すのが楽しみでした。

勇気を出して踏み入れた憧れのスタバ、何を注文すればよいかわからず、前に並んでいたお姉さんの注文を丸ごと真似してキャラメルフラペチーノのトールサイズを頼んだのでした。

トールってなに。ショートってなに!と思いながら。

そして驚きのお会計。ここはわたしが来るところじゃない!と田舎の女子中学生には強烈なカルチャーショックだったことを覚えています。

 

あれから10年あまりが経ちました。

節約中でもダイエット中でもスタバを断ち切れません。

頻繁に通ったこともありますが、今は主に①週末の朝に②特定のスタバに行く、というマイルールを決めています。

このマイルールに行き着いた理由をご紹介しましょう。

 

(1)店舗によって味が違う

わたしは「これが好きだ」と決まると同じものを注文しつづける傾向にあり、どこに行っても

・ヘーゼルナッツラテ(無脂肪乳)

暑い季節は

・コーヒーフラペチーノ+エスプレッソショット+チョコレートチップ

を注文していました。

同じ物を注文し続けるうち、とてもおいしい日と、自分の好みではない日があることに気づきました。

始めは、人間が作っている物だし、バリスタさん(店員さん)が変われば味が多少変わるものなのだろうと思っていましたが、どうも同じ店舗だと似た味になり、店舗が変わると味が大きく変わるようなのです。

 

不思議に思ってtwitterでつぶやいたところ、スタバでアルバイトをしていた友だちが、

「店舗によってエスプレッソマシーンが違うんだよ」

「店舗(立地条件など)によって提供の速さ重視のところと、味重視のところがあるんだよ」

と教えてくれました。

詳しい内情はわかりませんが、店舗によって味が変わるというのはどうも気のせいではないようです。

 

どこがおいしいくてどこがおいしくないということではなく、好みの問題だと思いますが、同じ値段を払うなら、自分の好みの味のものを買いたい。

そこで、好みの味の店舗に通い、自分に合わなかった店舗には行かなくなりました。

 

(2)お金を払って、快適な空間を借りる

スタバは決して安くはありません。

が、その値段にはお店の空間代も含まれているのだと思います。

 

清潔感、快適な椅子・テーブル。これらにも店舗による差があります。

わたしは自宅で頭を使う作業が続かない性分で、書き物や考え事は外でしたいので、長居できるか・快適かというのは、注文した品物と同じくらい大切です。

作業をしたいときは、他のファーストフード店ではなく、やや高くても空間をお借りする代金だと思ってスタバを選びます。

 

(3)朝なら好きな座席が選べる

(2)で書いたように、スタバで長居をしたいので、座席は重要です。

本を読むのが主なときはソファが楽だし、書き物が主なときはテーブルと椅子の高さも重要。

 

そして座席の位置。端っこが好きです。

自分が快適な座席が空いているかどうかは、その日の作業の進捗を左右します。

 

また、週末の午後や夕方はとても混み合い、行ったものの座れないということもありえます。

運よく座れても、混んでいると待っている人やお店の人が気になってしまい、安心して作業ができません。

朝から行けば、好きな座席で落ち着いてやりたいことを進められます。

 

(4)「週1」と決めると、お金と時間を節約できる

あまりにスタバが好きすぎると通い詰めてしまい、なかなかの出費になってしまいます。

週1回だけと決めれば、大事な作業を絞り込んで、ここぞというときに行くことになり、支出の見通しもつくので、家計簿で予算化できます。

「これは外で」と作業を絞り込むことで、やたら多く思えた「やるべきこと」に優先順位がつき、時間にめりはりがつきます。

 

(5)カロリーも節約できる

ダイエット中はブラックコーヒーか紅茶かお水を注文すべきなのでしょうが、あえてスタバではそうしません。

平日に間食を控え、飲み物はノンカロリーにし、我慢できなくなりそうになったら「週末になったらスタバであれを頼もう♪」と妄想します。

1週間に1度スタバだけ!と決めることで、むやみやたらに「今日は会議で提案頑張ったし!」とか「子どもと鬼ごっこしたし!」とか理由をつけて気づいたら週7で間食しているということがなくなります。

なくなるはずです。

(今週は自分に甘くなってしまったのは内緒です)

 

(6)開店30分後〜1時間後くらいのメニューが豊富

朝食は家でとり、スタバではラテと水だけ買うことが多いですが、たまに外で朝食をとりたくなることもあります。

そんなとき選択肢が多いということは重要です。

夕方には売り切れていたり、開店直後は準備中のメニューもありますが、開店30分〜1時間後に行くと、ほぼ揃っています。

(店舗の方針によって異なるかもしれません。)

 

(7)週末の1日をきっちり使える

朝スタバに行って作業をすると、午前中のうちに「やらなければいけないこと」「進めておきたい作業」が終わります。

すると午後は好きなことに集中できます。

「あーあれやらなきゃね・・・でもあとでいいかね・・・」と思いながら好きなことをするのは、気分が晴れないものです。

 

また、朝から出かけようと思うと二度寝しなくなるので、1日が長く感じます。

晴れた日は洗濯物を干してから出かけたくなり、早朝に家事がすすみます。

平日と同じ時間帯に起きることになるので、リズムが狂わずに月曜日を迎えることができます。

週末に二度寝ができないので、週末に疲れを持ち越さないようにしようと、平日の睡眠時間を確保するようになります。

平日の睡眠時間を確保するために、むやみな残業はしないようになります。

週末の過ごし方の工夫で、平日の過ごし方までも変わるのは、自分でも驚きです。

 

 

<明日はスタバに行くのもいいかも>

関東の今週末は、なんとか雨が降らずにすみそうです。

明日は朝からスタバに行ってみてはどうでしょう。

 

それでは、また。

広告

2 thoughts on “同じスタバに毎週末の朝通う、7つの理由

  1. 休日を有意義に使っていて尊敬しますわー。
    私は午前中テレビ観ながらぼーっとして過ごしてしまったけれど、午後はがんばろうって気になったよL(・∀・。)

    あ、私だよ!えりかだよ!
    軽トラにはねられてクレジットカード不正利用されそうになったえりかだよ!(´・_・`)

    • erikaさま♡
      ありがとう!
      わたしも今日はだらっとしたよ(笑)
      1週間に1回は何もしない日がほしいよね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中