簡単&キレイなアイキャッチ画像の探し方・貼り方(ブログ1年生)

photo credit: ajari via photopin cc

 

「ブログ1年生」のシリーズでは、ブログを書くにあたって、つまづいたこと・わからなかったことを記録していこうと思います。

 

今回はアイキャッチ画像の探し方・貼り方について。

 

アイキャッチ画像とは

アイキャッチ画像というのは、ブログの記事単位のイメージ画像です。

記事の一覧表示のときに記事毎に画像が表示されたり、記事の上部に表示されたりしている画像がそれです。

 

これとか、

これがそうです。

 

アイキャッチ画像をつけるメリット

アイキャッチ画像をつけると、

・ブログが明るくなる

・記事を読む前からイメージが湧く

・複数の記事にわたって同じアイキャッチ画像が使われていると、同一シリーズの記事だと暗喩できる。

といったメリットがあります。

 

振り返ってみると、私が好きなブログにも、アイキャッチ画像がついていることがほとんどでした。

どの画像を選ぶか、どんな写真を撮るかということに、書き手の性格や好みがにじみ出ている気がして、文字を読む前からファンになることもありました。

初対面の人の持ち物や服装で、その人の性格や好みを憶測するのに似た感覚です。

 

借り物で、手軽にメリットを得よう

できれば自分で撮った画像にすれば、著作権は自分にあるし、自分の個性も主張しやすいと思いますが、わたしは毎回毎回は撮れません。

目の前に物があるときはいいのですが、自分が考えていることなどをテーマにした日は、写真を撮るのが難しいのです。

 

かといって画像をつけるのを諦めるのはもったいないので、

ここは著作権表示を守りつつ、画像をお借りして使いたいと思います。

 

画像検索サイト“Photo Pin”なら検索も著作権表示も、速い!

わたしはPhoto Pinというサイトを使っています。

 

Google画像検索などを使うと、画像は見つかっても、それが使用していい画像なのか、使用不可なのかを一回ずつ親サイトにチェックしにいく手間がかかります。

 

Photo Pinはこんなことをしてくれるサービスです。

・投稿者が「転載可能」と設定している画像を検索できるから、無断転載の心配がない

・flickrに投稿された画像からキーワード検索できるから、選択肢が豊富

・ダウンロード時に画像サイズが選べる

・著作権表示を自動作成してくれる

 

あらかわいい。

 

(1)ユーザー登録などは特に必要ありません。

中央の検索窓に、探したい画像のキーワードを入力します。

このとき、使えるのは英数字のみです。

日本語をそのままローマ字で「heiwa」とか「randoseru」とか打ってもヒットしましたが、「平和」とか「ランドセル」と日本語表記で検索するとエラーが出ました。

 

ここでは、「STARBUCKS」と検索してみました。

(2)するとキーワードに合った画像がずらっと一覧で見られます。

この時点で既に転載可能な画像だけが並んでいます。

(商用利用は別途検索条件を変更する必要があります。)

 

(3)ここから自分が使いたい画像を選びます。 

使いたい画像を見つけて、カーソルを合わせると

画像が暗転して、”preview”と”get photo”の二つが表示されます。

previewをクリックすると

選んだ画像を大きな解像度で確認できます。

 

(4)選んだ画像を保存します。

直接リンクを貼ると、元の画像が削除されたときに自分のブログでも画像が表示されなくなってしまうので、自分のサーバーにアップロードします。

先ほどの画面で

”get photo”を選択すると、

 

こんな画面になります。

 

(5)好きなサイズを選んでダウンロードします。

ちなみに、わたしが記事の上部に貼っているのは500×300前後のサイズです。

 

(6)右下に、著作権表示用のタグが自動で生成されています。

これを全部選択してコピーしておきます。

 

これで準備はできました。

記事への貼り付け方は,使用しているブログサービスによって異なると思いますが、ここでは私が使っているWordpress.comの場合をご紹介します。

 

(7)投稿画面の上部の、「メディアを追加」というアイコンをクリックします。

 

(8)するとメニューが出てくるので、ここにアップロードしたい画像をドロップするか、「ファイルを選択」をクリックしてアップロードします。

 

(9)アップロードすると、このような画面になります。

私は、タイトル〜リンクURLは、基本的にいじっていません。

配置:文字の回り込みをするかしないか選択できます。私は「なし」が使い勝手がよいと感じています。

サイズ:記事上部のアイキャッチ画像の場合は、500×300に近いサイズでアップロードしています。

「アイキャッチ画像として使用」の文字をクリックすると、記事一覧のサムネイル画像として使われます。

 

これでひとまず画像が入りました。

このままだと無断転載になってしまうので、著作権表示をつけましょう。

 

普段は記事の見た目が確認しやすい「ビジュアル」画面で入力していますが、

(9)「テキスト」タブをクリックして、先ほどコピーした著作権表示タグを貼り付けます。

上段に、画像を表示するためのタグが既に入っている状態です。

触らずに改行して、その下部に貼付ければOKです。

 

(10)「ビジュアル」タブをクリックして、見た目を確認してみましょう。

画像の下に、著作権表示がリンク付きで入りました。

 

以上です。

手順自体は単純なので、検索から数分で著作権表示まで終わると思います。

 

転載可能な画像をキーワードで検索できて、サイトの一覧表示もかわいい。

さらには著作権表示も自動で作ってくれるPhoto Pin、おすすめです。

 

それでは、また。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中