.MBAはMac初心者にやさしい

大学入学後(約6年前)に買ったNECのデスクトップパソコンが瀕死になり、今年8月にMac Book Proを購入しました。

小学校のパソコン室でカラフルなiMacを触って以来、約15年ぶりのMac。

なんとなく使えているものの、実家でWindows95を購入して以来、職場でも触り続けているWindowsの癖は、そうそう抜けるものではありません。

 

銀座のApple Storeの店員さんに「『Macを始めよう』セミナーに参加していただけると、ひととおりの基礎がわかりますよ♪」と案内していただいたものの、なぜか「Macを始めよう」の開催日は平日ばかり。

 

まあ、教わらずとも、なんとなく使えてはいる。

……でもMacはなんだかもっと楽しいもののような気がする!

誰かに聞きたいことはあるけれど、小さいことばかりだし、周りにMacを使っている人は少ない。

本を読んで一から勉強するってほどでもない。

……でもなんかもっと使い方がある気がする!

 

そんなもやもやを抱えていたところに、twitterで「dotMBA」というイベントの告知が目に留まり、昨日11/3(土)に参加してきました。

 

 

.MBA「Macを初めて触るときに知っておきたいこと」

(告知ページから引用)

dotMBAは

(dot)どっと集まる
Macintosh
Beginner
Assembly

これらの頭文字をとったものです。

会の目的は

Macに親しむ・Macで繋がる・Macを楽しむ

この3つです。

 

Mac初心者を対象にしているというところがわたしにぴったり。

スピーカーはお二人。

まず、ブログ「想像ノート」の藤本高司さん(@fujimotta)

 

そして、ブログ「iTea3.0」の酉蔵さん(@torizo)

 

お二人とも、Macに関するあれこれを記事にしてくださっているのですが、超面倒くさがりで、パソコンは超得意とはいえないわたしは、

本当にわからないことについては、記事を読むのすらめんどくさい!!(ごめんなさい)

 

ひとりで家で記事を読んで実行するには、ちょっと重いお尻があがりきらないうえに、もしわからなかったときに筆者さんに質問するにもちょっと勇気がいる(し、必ずお返事がもらえるとは限らない)。

でも、イベントなら、MBPをつれて行けば、その場でやってみたり設定したりできるし、わからなくてもその場でスピーカーさんを捕まえて質問しちゃえばいい!と思ったのです。

そしてこの読みは当たりました。

 

 

少人数で、その場で質問しやすかった

今回は開催2週間前が最初の告知だったそうで、参加者は私を含めて4名でした。

参加費で採算がとれるのか?!と勝手に心配になりましたが、おかげでとっても質問しやすかったです。

 

・定期メンテナンスの仕方(ディスクのアクセス権の修復など。今文字を見てもどういうことかよくわからないけど、要するにこれをすると、機械の中でなんか困ったことが起きていないかをチェックして、ついでにできるだけ直してくれるっていうようなことらしい。)

・Spotlight(Macの検索システム。右上にアイコンも出てるのに、全然知らなかった。)

などなど、

実際に操作を交えて教えていただいたのですが、1回で覚えられないわたしは、一緒に操作しながらEvernoteに操作の手順をメモしておきたくて、てんやわんやになる場面も。

でも、「あの…もう一回お願いします……」とお願いすると最初から見せてくださいました。

 

参加者が少なめで、初心者向けということをうたっている会だからこそ、「こんなことみんな知っているんだろうな」と思いつつもばんばん質問できました。

 

 

藤本さんも酉蔵さんもすごく優しい

当日の構成は、

1.酉蔵さんパート(Macとの出会い、Macを使い続ける理由、知っておくべき設定、オススメ厳選アプリ、Macを安く買う方法)

2.藤本さんパート(なぜMacは使いやすい?、Macの検索の活用、MacとWinの同居術)

3.Macギモン解決(質問コーナー)

となっていました。

 

酉蔵さんは今回がセミナー講師初体験だったそうです。

でもスライドもかっこいいし、わかりやすい構成で、なにより話し方や声が超優しかったです。

 

藤本さんも、マリオの動画(※下記参照)を拝見したときから、これは優しい方に違いないと思っておりましたが、人の良さが全身からにじみ出ているお方でした。

藤本さんの奥さまのなおさんも同席して、開催のサポートと参加者を兼ねていらっしゃいました。

なおさんがちょこちょこ質問したり、スピーカーのお二人の話に「わたしもこんなことがあって……」と参加したりしているおかげで、私たち参加者も質問やつっこみがしやすかったです。

そして、それを優しく見守る藤本さん。あー。こんなひとと結婚したい。

 

うわさのマリオの動画はこちらから↓

ふじもなおのあそビバ!: ふじもなお、マリオをプレイする

 

なぜか私がApple Storeに行くと、キリッと・ドヤッとした店員さんばかりが担当になり……

そんな方ばかりじゃないと思うのですが、Apple Storeの方から「○○ってわかります?」と聞かれて「…わからないです…」と答えると

「はは!そうですかー(笑)まあやっちゃいますね」と、初心者としてはなんかしょんぼりする対応をいただくことがしばしば……。

いつも混んでいて忙しそうだし、頑張って質問しても、ゆっくり教えていただく時間はないからか、経緯や理由をはぶいて結論だけ教えていただくことも多々。

Macに魅力は感じているから、ちゃんと理解して覚えたいんだけど、なんだかApple Storeの店員さんこわい…

 

……と思っていたわたしにとって、終始ぺらっぺらの初心者にやさしく教えてくださった藤本さんと酉蔵さんからは後光が差して見えました。

「こんなにわからないのに参加して大丈夫かな?」とどきどきしながら行ったので、うれしかったなあ。

 

 

Windowsからの乗り換えが前提になっている

お二人とも、はじめからMacユーザーなのではなく、まずWindowsを使用した経験があり、その後Macに移行した方でした。

酉蔵さんはMac歴7年、藤本さんは2年(2年でこんなに詳しいのがすごい)。

 

だからこそ、「WindowsとMacの違い」や「移行したときに戸惑ったところ」が実体験からきた話ばかり。

Windowsから乗り換えたわたしは、うなずくことばかりでわかりやすかったです。

 

 

道具としてMacを活用する

一貫してお二人がおっしゃっていたのは、「Macは楽しい」「Macはおもしろい」「(Macを使うことが目的じゃなくて、)やりたいことのためにMacをたくさん使ってほしい」ということでした。

 

わたしも今回参加したことで、大まかな設定はMBPを連れて行ってその場でできたし、知らない単語もちょっとわかったし、なにより参加前より「なんかMacおもしろい!」と思えたのが大収穫でした。

ぎっしりつまっていた小ネタやオススメのアプリ情報も、もちろん収穫なのですが、一番の収穫は、この「なんかおもしろい!」というスイッチが入ったことです。

 

↑質問コーナーのために用意してくださっていた小ネタたち。

いただいてきたので、

(1)まずは当日メモしたあれこれを試す。

(2)小ネタたちの中で気になったものは検索したり、質問したりする

というつもりです。

 

参加前ならこれも面倒だったと思いますが、スイッチが入った今なら大丈夫。(だと思う。)

それに、参加者のFacebookグループを作ってくださったので、わからなかったら教えていただけばよいのです。

これは心強い。

 

Mac初心者にやさしい.MBA、第2回は2013年1月27日(日)開催だそうです。

広告

2 thoughts on “.MBAはMac初心者にやさしい

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中