15分しかないときの、最低限の片付け

photo credit: Conor Keller | fortysixtyphoto.com via photopin cc

 

明日は友だちが家にきます。

大学の友だちの結婚式のために一緒に作るものがあり、なかなか大きい(予定)ので、広々片付いていないといけません。

 

が、ここ3週間、土日も何かと学校行事があり、ほぼ毎日出勤していたので、大変なとっちらかりよう。

じっくり片付けるには時間がない。

 

こんなときは、片付けに充てられる時間別に優先度をつけて片付けることにしています。

大きく分けて3段階。

(1)15分しかないときの、最低限の片付け ←now!

(2)時間はないけれど、見栄えよくしたいときの片付け

(3)余裕のあるときの片付け

 

今日は(1)15分しかないときの、最低限の片付けラインについてご紹介しましょう。

 

あ、そうだ、そのまえに……

わたしが収納オンチなことをお忘れなく。

ここでご紹介するのは、とっちらかった部屋をスタート地点にした、ごくハードルの低い片付けです。

 

 

15分しかないときの、最低限の片付け

以下は、このように表記しています。

□(場所)やること(所要時間:実際に測定してみました)

 

□(玄関)たたきにある靴は直前に履いた1足だけにする(1分)

□(リビング・ベランダ)乾いた洗濯物をしまう(9分)

□(リビング)床の上、机の上、ソファの上にモノがあったら1カ所にまとめる(5分)

 

 

この記事のタイトル、はじめは「最高に時間がないときの、最低限の片付け」としていました。

何分かかるのだろうかと項目別に計ってみたら、この3つをやると合計15分だったのです。

 

 

時間がないときに欲張らない

とにかく時間がない!というときは、

わが家の最高潮の姿を思い描いてはいけません。

 

今のとっちらかったわが家を、ちょっとだけすっきりさせようということに意識を集中させます。

 

もう散らかしてしまった上に時間がないときは、ひとつひとつの物を本来の居場所に戻している暇がありません。

そこで、やることを上記の3つに絞るのです。

 

玄関から始める

まずは玄関からスタートしています。

普段1足ずつしまっていればこの手間はいりません。

 

さすがのわたしも、できていることもあるのです。

帰ってきたときに、たたきに出ている靴をしまい、今履いていた靴はそのまま出しておく。

湿気をとばして、翌日帰ってきたときにしまう……というサイクルがまわっていれば、靴はたたきに1足がキープされています。

 

でも、大きな荷物を持って帰ってきたときや、急いで部屋の中に入ってまた出かけるときなどは、とたんにこのサイクルがまわらなくなります。

そうすると靴が靴を呼んでいるかのように、瞬く間にたたきが靴だらけになるのです。

 

玄関は一番最初に目に留まる場所。

1分ですっきりさせられますから、最初に片付けます。

 

 

大物をまとめる

そのあとは洗濯物と、出しっ放しのものをやっつけます。

 

玄関の次に洗濯物を片付けるのは、1つあたりの面積が大きく、少しの手間でぐっと片付いて見えるからです。

晴れた週末は洗濯物をベランダに干せるのですが、平日(特に冬場)は朝6時台に出発して夜7時頃帰ってくるので、部屋干しになりがちです。

帰ってくると、朝や前日に干した洗濯物が大抵乾いているので、これをたたみ、しまいます。

 

出しっ放しのモノはまとめるだけ

ここ、わたしのズボラ緊急片付けのポイントなのですが、

時間がないときは、出しっ放しのものを1カ所に集めます。

 

床でも机の上でもソファーの上でも、とにかく定位置に帰っていないモノを集めます。

 

本当に時間がないときは、ここで終わりです。

モノたちが定位置に帰っていないことには変わりありません。

が、見た目はすっきりとします。

 

ばらばらとしているよりも印象がいいですし、

1カ所にまとめてちょっとすっきりしたところを見ると、さっきまでくよくよしていた自分も

「よーし、この山をもう少し片付けるか!♪」という気になれるのです。

 

さらに一時しのぎでも見た目をよくしたい場合は、この山ごとクロゼットに入れるとか、山に布をかけるなどといった手がありますが、あまりおすすめしません。

山が見えなくなってしまうと、片付けなくてはという意識が薄れて、お客さんが帰った跡もそのまま放置されつづけてしまうのです。

 

放置してもいいような内容の場合はよいのですが、そうでなければ、散らかしてしまった今までの自分を反省しつつ、視界に入るところにまとめて置いておきましょう。

 

 

15分なら確保できる

うちは駅から徒歩15分のところにあります。

「今駅に着いたよ〜」とか「○分に着くよ〜」とメールをもらってから片付け始めたとしても、最低15分は確保できます。

 

 

また、この記事を書くため計ってみて、「毎日15分確保できればこのラインまで片付けられるんじゃん!」と気づきました。

ええ、今やっと気づいたのです。

今日からは寝る前に15分計って片付けタイムにしようっと。

 

 

人によって、ちらかりやすい場所の癖は違うと思いますが、

●目に留まりやすいところから着手

●欲張らないでざっと片付けをすすめる

という2点が、最低限の片付けの共通ポイントです。

 

 

次回はもうすこし時間があるときの片付けについてお伝えします。

広告

One thought on “15分しかないときの、最低限の片付け

  1. ピンバック: 時間はないけれど、見栄えよくしたいときの片付け « ららぼーど

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中